2010年01月20日

キャロルの五輪

開催中の全米選手権、男子シングルは既に終了しましたが、そこには、K&Cに座るパーカー・ペニングトン選手の横に、キャロル・ヘイス・ジェンキンスさんの姿が久々にありました。

そのキャロルさんは 1月20日が誕生日、本日、オリンピック・イヤーに 70歳の古希を迎えます。
・・・
その名はファンであれば安藤選手の元コーチとして知らない人は少ないと思われますが、一方、日本のメディアが彼女のフィギュアスケート選手としての輝かしい功績を語ることは皆無に近いのが実情です。

今ここで、Wikipedia(特に英文)や All About での彼女の履歴紹介を繰り返すことは最小限に留めたいと思いますが、それでも、キャロル・エリザベス・ヘイス(結婚前のフルネーム)が 1957〜60の4年連続の全米女王、1956〜60の5年連続の世界選手権者、そして 1960年のスクォーヴァレー冬季オリンピックの金メダリストであることは、省略できないでしょう。 すばらしい戦績です。 フィギュアスケートの殿堂に早々と登録されたのもおおいに うなづけます。 その後これを凌駕する選手は、戦績という意味では、未だ現れていないのも事実です。



そんな彼女、さらに調べていけば、感慨深い選手生活の機微があったことが解かります。

13歳でシニアに上がってから、4年連続して全米選手権で 4歳半年上のテンリー・オルブライトの後塵を拝する2位が続き、1955年の世界選手権でも彼女に次ぐ銀、1956の冬季五輪でも 同じくテンリーが金でキャロルが銀と言う固定した状況に、「自分はずっと引き立て役として付き添う運命なのかと思い始めていた」 と 後日、語っています。

キャロルが五輪の銀メダルを取ったとき、会場では末期癌の母親が観戦していました。 そして五輪メダリストとなった彼女にプロ転向の話が持ちかけられた時、その母はキャロルに現役にとどまって 金メダルを取って欲しい、と言ったそうです。
そして五輪の2週間後の西ドイツでの世界選手権で、彼女は母親の願いを叶え、ついにテンリーに勝って、世界女王の座につき、母マリーを最後に喜ばせます。 連続王座の始まりでした。

そのテンリーとのライバル関係では、テンリーがクラシックバレー的な表現力に秀でていたのに対し、キャロルはアスリートタイプで 当時としては高難度のジャンプやスピンを武器としていた、という構図のようで、実際、キャロルこそが ダブルアクセルを女子で最初に試合で成功させた本人であることが、それを裏付けています。 まだ彼女の13歳の時のことだそうですが、後日の彼女の2Aは映像として残っています。



1960年のオリンピック金メダルに続いた世界王座連守を最後に引退、結婚(ご主人も五輪金メダリスト)、映画主演(白雪姫役) と続いて、78年からは自宅のあるクリーヴランドでコーチをしています。 そしてこのクリーヴランドのウィンターハーストFSCに 安藤選手が自身はじめての海外練習拠点を置いたのは、私たちファン知ってのとおりです。

キャロルコーチはどちらかというと、地元密着でボトムアップに誠実な努力を傾けている、地道なコーチで、安藤選手の他には知名度の高い生徒は数が限られ、また年代もずっと遡ります。 初期のティモシー・ゲーブルや、それぞれ全米2位になったリサ・アーヴァインやトニア・クワイトコウスキーが挙げられるのですが、彼女がコーチとして参加することになった五輪は、後にも先にも安藤選手のトリノ出場が唯一となっています。 ですのでこの時のオリンピックは、彼女にとっても、46年ぶりの晴れ舞台だったに違いありません。

選手としてどちらかと言うとアスリートタイプだったというキャロルが、同様の評価をされやすかった安藤選手に、この晴れ舞台に向けて スケートのエレガンスを求め、スピンやスパイラルに力を入れさせたという点は、興味の尽きない部分があります。
・・やはり、そんな地道なコーチにとっても完璧に向けて「戦う心」は未だに現役選手としてのそれなのだ、そう感じられてなりません。
 
もう12年前になりますが、キャロルコーチの言葉に、次のようなものがあります。

(3回転ジャンプが当たり前となった現在のフィギュア水準だったら彼女がどのくらいやれたか、という質問に)
「引退した選手なら皆、同じ答えだと思う。 トップにいるためにはそういうジャンプであれ、必要なことはやるしかない、 そのためならどんな努力でもする。 私たちはアスリートなんですよ、競争心はそんなにすぐに消え去るものではありません。」
 
"I think if you ask any retired athlete that question, you'll always get the same answer: You do what you have to do to be on top. You'd work and do all the things necessary to do those jumps," "Look, we're athletes. The competitiveness doesn't just disappear."



「私たちはアスリート」、
・・その挑戦の心を持ち続けるキャロル・ヘイス・ジェンキンズさんに 今日、


Happy Birthday, Carol !


引用部分出典 : CNN/SI - The Cold Wars - Catching Up With...Carol Heiss
参考資料 : Wikipedia、All About、USFSA、ブリタニカ百科事典、等



読者の皆様からのコラムやレポートで長文の場合などは、メールで投稿いただければ、順次、掲載してまいります。
匿名、イニシャル、HNなど、いずれでもけっこうです。
また、多少編集させて頂く場合があることを予め お許し願います。
投稿は
こちらまで。
 
posted by administrator at 00:00 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

バンクーバーに想いを馳せて

明けまして おめでとうございます。

五輪大会フィギュアスケートの女子シングルの競技開始まで いよいよ あと55日となりました。
この期間が 参加する選手にもファンにも、夢の膨らむ日々であることを願うかぎりです。

そこで、オリンピック関係の情報のリンクをこちらにまとめてみました。
当サイトのスケジュールのページにあるものも再録してあります。

また、リンクは随時、追加してまいります。

公式サイト:
http://www.vancouver2010.com/
http://www.vancouver2010.com/olympic-figure-skating-schedule-results/ (フィギュアスケート スケジュール)

IOCにおける該当部分:
http://www.olympic.org/en/content/Olympic-Games/All-Future-Olympic-Games/Winter/Vancouver-2010/

JOCにおける該当部分:
http://www.joc.or.jp/vancouver/
http://www.joc.or.jp/vancouver/ticket.html (JOC公式旅行代理店情報など)
http://www.joc.or.jp/vancouver/venue/pacific_coliseum.html (フィギュアスケート会場について)
等、JOC内多岐

会場の紹介サイト:
http://www.pne.ca/venuerental/pacific_coliseum.htm

バンクーバー市観光部局の該当サイト:
http://www.tourismvancouver.com/visitors/vancouver/2010_olympics/2010_olympics

<お勧め> NHK 世界ふれあい街歩き バンクーバー (オンデマンド):
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2008002234SA000/index.html

日本語版 ウィキペディアのバンクーバー五輪の概括的記事:
http://ja.wikipedia.org/wiki/バンクーバーオリンピック

五輪フィギュアスケートメダリスト一覧:
http://www.isu.org/vsite/vfile/page/fileurl/0,11040,4844-130384-131692-25996-0-file,00.pdf (ISU)
http://ja.wikipedia.org/wiki/オリンピックフィギュアスケート競技メダリスト一覧 (日本語版 ウィキペディア)

<参考> トリノ オリンピック 競技結果・プロトコル (ISU):
http://www.isufs.org/results/owg2006/

SportsGraphic NumberWeb 五輪特集:
http://number.bunshun.jp/olympic/

スポーツナビ(yahoo):
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/winter/skate/figure/index.html

NHK:
http://www.nhk.or.jp/olympic/
http://www.nhk.or.jp/digital/pr/program/

民放テレビ バンクーバー五輪公式動画:
http://www.gorin.jp/top.html

各紙バンクーバー五輪特集(随時更新):
共同通信社
    http://www.kyodonews.jp/feature/vancouver/figure_skating.php
時事通信社
    http://www.jiji.com/jc/olympic?id=vancouver&s=top&c=fs
毎日新聞社
    http://mainichi.jp/enta/sports/10olympic/figure/
    http://mainichi.jp/enta/sports/general/figure/
朝日新聞社
    http://www.asahi.com/olympics/
読売新聞社
    http://www.yomiuri.co.jp/olympic/
産経MSN
    http://sankei.jp.msn.com/vancouver2010/vancouver2010.htm
中日新聞/東京新聞
   
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/vancouver2010/menu/figure/index.html
   
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/vancouver2010/menu/figure/index.html
日刊スポーツ社
    http://vancouver2010.nikkansports.com/figure/top-fg.html
スポニチ Annex
    http://www.sponichi.co.jp/olympic/
    http://www.sponichi.co.jp/sports/figure/index.html
デイリースポーツ
    http://www.daily.co.jp/olympic/vancouver/

カナダCBC放送の五輪ページ:
http://www.cbc.ca/olympics/

カナダCTV放送の五輪ページ:
http://www.ctvolympics.ca/figure-skating/news/newsid=47217.html

米国NBC放送の五輪ページ:
http://www.nbcolympics.com/

posted by administrator at 00:00 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。