2011年09月06日

皆様のエントリーを募集

皆様からの 観戦記や観賞レポートを このブログでお待ちしております。

メールで投稿いただければ、順次、掲載してまいります。
フィギュアスケートへの皆様の独自な視点からのコラムも歓迎いたします。

掲載にあたっては、匿名、イニシャル、HNなど、ご希望に副うようにいたします。
奮って、エントリーを お寄せください。

なお、ブログを通じた統一のためなど、多少の編集をさせて頂く場合があることを予め お許し願います。

ご投稿は
こちらまで。
 
posted by administrator at 13:23 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

Vote for MIKI !

既に ご存知かと思いますが、Sportswoman of the Year の最終選考に Miki Ando が残り、個人競技部門では彼女を含めた10人のファイナリストが今、一般投票に付されています。
安藤選手の公式サイトにも告知された本件、ファンの方から 「投票方法の詳細を」 というご示唆を頂きましたので、こちらではその点を中心に ご紹介したいと思います。



この 「Sportswoman of the Year 2011」 を主催しているのは、米カリフォルニア州に本拠を持つ教育系NPO、「Women's Sports Foundation」。
(略称 WSF、公式サイト http://www.womenssportsfoundation.org/ )
創立者は一時代を築いた女子テニスの巨星、あのキング夫人で、初期の協力者の中には スヌーピー の作者 デイヴィド・シュルツ や ペギー・フレミング といった名前も見ることができます。

女性の福祉を スポーツや体育系活動を通じて実現するという目的のもと、補助金交付を主な事業の一つとしていて、過去には クリスティ・ヤマグチ や ミッシェル・クワン もこの団体から補助金を得ていますし、多種目にわたる五輪メダリストたちが そこに至る過程でこの補助金のお世話になっています。



もう一つの主要事業がいくつかの顕彰活動。 なかでも 「Sportswoman of the Year」 では、ヴィーナス・ウィリアムズ、セレナ・ウィリアムズ をはじめとした第1級のアスリートが基金募集のシンボル役として表彰されています。
去年の受賞者が キム・ヨナ選手なので、2年連続して同一種目であるフィギュア・スケートから Sportswoman of the Year を出すのは 難しいことかもしれないのですが、「不屈」をテーマにして考えれば、安藤選手の昨シーズンの功績には十分な説得力があり、ぜひ善戦して頂きたいものだ と願わずにいられません。

投票方法は以下のとおりです。



1.まず、Facebook のアカウントを未だお持ちでない方は、アカウントを作ります。
http://www.facebook.com/ にアクセスすれば、日本語でガイダンスに従うことで比較的簡単にアカウントを作れます。

2.次に http://www.facebook.com/WomensSportsFoundation にアクセスし、「いいね!」ボタンを押します。

3.そして
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=10150263386506371
にて「いいね!」を押せば、投票完了。

<なお、個人競技部門の全選手を
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.10150263384691371.326004.23658846370
で見ることができます。>



安藤選手の拡大写真の下にはコメント欄がありますので、安藤選手を推薦するアピールも入れることができますから、英語で書けば訴求力の一翼になるかもしれません。

〆切は、日本時間の6日13:00 (米EST時間で5日いっぱい) となっていますので、投票のご意志のある方は ぜひそれまでに!



posted by administrator at 06:42 | TrackBack(0) | 安藤美姫 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。